この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ケノン照射後いつ抜ける?家庭用脱毛器は効果あるのか?痛みややけどについてもレビュー!

ケノン2 家電

「ケノン照射後いつ抜ける?家庭用脱毛器は効果あるのか?痛みややけどについてもレビュー!」
この記事では、ケノンを実際に使った私の体験レビューをもとに、ケノン光脱毛器の購入を迷ったり不安を抱えているみなさんが気になる下記のポイントを紹介しています。

・ケノン照射後いつ抜ける?
・家庭用脱毛器ケノンは効果あるのか?
・光脱毛器ケノンは痛い?やけどについて使ってみたレビュー

私自身も同じ悩みを抱えていたので、ケノンを使おうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

ケノン照射後いつ抜ける?

ケノンで照射した後、いつ抜けるか気になりますよね。
せっかく家庭用脱毛器を購入するのに効果がなければ意味がありません。
ケノンを使った後、毛が抜けるまでには少し時間がかかるんです。

実は、ケノンで照射した後の毛の抜け方は人それぞれ。早い人だと1~2週間くらいで抜け始めるって聞きますが、私の場合は2週間くらいでポロポロと産毛が抜けてきました。

毛にも個性があります。見た目だけでも【太い】【細い】【硬い】【柔らかい】といった違いがあるように、部位によって毛質や毛根の深さも異なります。
だから、照射後の抜け方は人によって違いますが、1回の照射でどさっと毛が抜けることはありません。それは、脱毛サロンも医療脱毛でも同じです。

効果を実感するまでの期間も人それぞれ。私の友達は2か月くらいで効果を感じたって言ってましたし、私は始めたばかりでどれくらいでツルツルになるか楽しみです。個人差が大きいので、焦らずに続けることが大切です。

自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

家庭用脱毛器ケノンは効果あるのか?口コミ調べてみた

家庭用脱毛器は本当に効果があるのかについてお話ししたいと思います。

家庭脱毛器を選択した理由について、本当は脱毛サロンや医療脱毛に通いたかったけれど、近くになかったり、通いたくてもその時間がないので家庭用脱毛器を購入したという声をよく聞きます。

脱毛サロンや医療脱毛でいうところの「永久脱毛」の定義とは
永久脱毛の定義は、FDA(アメリカ食品医薬品局) によると、『一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること』とされています。 また、AEA(米国電気脱毛協会)によると『最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める。』とされています。

つまり、永久に1本も毛が生えてこないということではありません。

それでも、継続的に脱毛サロンや医療脱毛に通えば、毛が生えにくい状態に近づけることはできます。
それにかける時間と費用を考えると、私はいつでも脱毛したいときに使える家庭脱毛器の方がはるかにコスパが良いと思います。
さらに、医療脱毛では効果はあるけれど、余りの激痛に耐えることができずに途中でやめてしまったという声も聴きます。

そこで、ケノンがどうやって脱毛するのか、簡単に説明しますね。ケノンは「光脱毛」方法で、強い光を当てて毛を焼き切る製品です。

ケノンの口コミによると一般的に脱毛を始めて2週間後に毛が抜け落ちる効果を感じ、ツルツルになるには3か月から6か月くらいかかるそうです。
ある程度、ツルツルになるとお手入れの頻度は次第に少なくなります。

ケノンに関する口コミも調べてみましたが、楽天では180,825件の口コミがありました。(2024年7月12日)

悪い口コミとして最下位の1は1,161件で約6%です。
「うまくケノンが反応せず照射できなかった」
「本体が大きくて音がうるさい」
「商品ページがわかりにくい」
「4回使用して効果がない」
「両足に複数のやけどができた」

多かったのがケノンの効果ではなく、カートリッジをもらうためのレビューで未使用の状態で評価を1にしていたり、説明書が読みにくい、使って間もないので効果がわからない、配達された製品が作動しない等の口コミが多いように思いました。

続いて良い口コミです。

「医療脱毛に比べる効果は緩やかでも激痛はないし、週1回2カ月でほとんど生えてこなくなった」
「脱毛サロンに予約して通う手間がない分、自分でじっくり丁寧に照射出来て効果を感じるのでコスパ抜群だと思う」
「VIOなど人前で恥ずかしい思いをして肌を晒さなくても、自宅で自分のペースで施術できのがコスパはかからなくていい」
「本当に毛がなくなった」等、

5段階評価の5が81,466件、評価4が76,294件。
実際に使った約87%のユーザーが脱毛効果に満足しているようです。

光脱毛器ケノンは痛い?やけどについて使ってみたレビュー

ケノンを使おうか迷ってる人の中には、「痛くないかな?」「やけどしないかな?」って心配してる人も多いと思います。私も最初はドキドキしながら使い始めました。でも、実際に使ってみると、思ったほど怖くなかったんですよ。

まず、痛みについてお話しますね。

ケノンの痛みは、人によって感じ方が違います。

私の場合は、腕と足を体験しましたが、照射前後に保冷剤で照射部分を10秒以上しっかり冷やした上で、レベルを1から10まで順番に上げていきましたが、全く痛みを感じませんでした。

でも、友達の話を聞くと、人それぞれみたいです:

  • Aさん(30代女性):「脇の下がちょっとヒリヒリしたけど、美容脱毛サロンほどじゃなかったよ」
  • Bくん(20代男性):「髭脱毛で使ってるけど、ほとんど痛くないね。でも、喉仏の近くはちょっとビリッとした」
  • Cさん(40代女性):「最初は怖くて弱めの出力から始めたけど、慣れてきたら大丈夫だった」

痛みを感じやすい部位もあるんです。例えば、脇の下やVIO(デリケートゾーン)、顔(特に口の周り)は敏感な人が多いみたい。これらの部分は皮膚が薄かったり、神経が集中してたりするからなんですって。

痛みが気になる人には、こんな工夫がおすすめ:

  1. 照射前後の保冷剤を使って冷やす時間を長めにする。
  2. 出力は弱めから始めて、徐々に上げていく
  3. 痛いなって思ったら、すぐに出力を下げる

次に、やけどのリスクについてお話しします。

ケノンは安全に使えるように作られてるんですが、使い方を間違えるとやけどのリスクがゼロじゃないんです。でも、説明書通りに使えば、大きな問題は起きにくいですよ。

照射前後に保冷材で冷やすことをせずに照射をすると、やけどをしたり、みみず腫れになったという話は聞きましたが、ちゃんと患部を冷やすことを忘れなければ問題ないそうです。

実際、私はマニュアル通りにちゃんと患部を冷やしてから照射すると全然熱くない。
最高ランクのレベル10では一瞬熱を感じました。その後、保冷剤で冷やすと全く問題はなかったです。

やけどを防ぐポイントはこんな感じ:

  1. 肌の色に合わせて、適切な出力レベルを選ぶ
  2. 同じ場所に何度も連続して照射しない
  3. 日焼けした肌や傷がある部分やほくろ部分には使わない
  4. 照射前後は必ず保冷剤で患部を冷やす
  5. 照射後の肌は24時間は日に当てない。

それと、使い始めの頃は特に注意が必要です。私は最初、目立たない場所でテストをしてみました。肌の反応を確認できて安心できましたよ。

季節によっても注意が必要かも。夏は特に気をつけてね。日焼けしてると肌が敏感になってるから、出力を下げるとか、使用を控えるとかした方がいいかも。

使用後のケアも大切です。私は照射後、必ず保湿クリームを塗るようにしてます。
肌トラブルのリスクも減るし、お肌もしっっとりして一石二鳥!

最後に、もし照射後に赤みや熱っぽさが続くようなら、長めに冷やしたりクールダウンしたりしてね。それでも良くならないときは、使うのを止めて、できれば皮膚科の先生に相談した方がいいと思います。

結論として、ケノンは多くの人にとって、そんなに痛くなく安全に使える脱毛器だと思います。でも、個人差があるから、自分の肌に合わせて慎重に使うことが大切。適切な使い方とケアを心がければ、効果的に、そして安全に脱毛できると思いますよ。

みなさんも、自分のペースでゆっくり始めてみてくださいね。きっと、自分に合った使い方が見つかるはずです!

まとめ

結局のところ、ケノンは魔法の杖じゃないんです。でも、根気強く続ければ、きっと効果は感じられるはず。
大切なのは、自分の肌としっかり向き合うこと。ケノンを使いながら、「今日はちょっと赤くなっちゃったかな」とか「この部分は痛みにくいな」とか、いろんな発見があると思います。それって、自分の肌のことをもっと知るチャンスなんですよ。
それに、脱毛したいかどうかも人それぞれ。全身ツルツルがいい人もいれば、ちょっとだけ薄くしたい人もいるでしょう。ケノンを使うかどうか、どこに使うか、それはあなた次第。
自分に合った方法で、自分らしい美肌づくりを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました