白髪染め

ヘアカラートリートメントでかぶれたけれど染めたい!白髪隠したい!

アートミクロン

市販のヘアカラートリートメントで白髪染めをしたらかぶれてしまいました。病院へ行き薬をもらいましたが、市販のヘアカラー使用禁止令が出ました!頭皮は刺激したくないけれど、白髪は隠したい。そこで重宝したのがヘアーファンデーション!その体験ブログです。

市販のヘアカラートリートメントでかぶれた

毛染め
アッコ

市販のヘアカラートリートメントで白髪染めをしたらかぶれてしまいました!
どうしてこんなことになったか、その時の体験談とそれからの白髪染めについてのお話をしたいと思います。

美容院に行かずにおうちで白髪染めを始める

アラフィーになると白髪染めの頻度が増えていきます。
数か月前までは、月一回の頻度で美容院で髪に負担のかからない白髪染めをしていたのですが、周囲の知人達に聞くとそう頻繁に美容院には行っていないとのこと。

●美容院に行くのは2~3か月に1回
●自分でおうち染めをしている

コロナ禍ということもあり、長時間美容院にいたくなかったのと家計にも優しいので、私もおうち染めをすることにしました。
私の髪の毛は細くてダメージを受けやすい。髪のボリュームも少ないので絶対にダメージを受けたくない。なので、お手入れが楽で良く染まるけれど、ダメージを受けやすいヘアカラーではなく、毎日使っても問題のない、ヘアカラートリートメントを選びました。

その時に使っていたのは、アートネーチャーの「LABOMO(ラボモ)スカルプアロマヘアカラートリートメント」というヘアカラートリートメント。
シャンプー後にトリートメント代わりに使って、3分おいた後、洗い流すだけ。
色水がなくなるまで、しっかりすすぐのは面倒くさいけれど、髪や頭皮が傷むことなく、艶髪できれいに染まり周囲の評判も良い。ヘアカラーではなく、ヘアカラートリートメントなので週に2回くらいは使わないと色落ちが目立ってくる。それで十分だったのに・・・

いつもと違うヘアカラートリートメントに変えたらかぶれた

他にもっといいヘアカラートリートメントはないかとD社に浮気をしました・・・
D社は化粧品で何度も利用していてヘアカラートリートメントも「ノンジアミンでダメージも少なく、イオンで良く染まる」と口コミも良い。
パッチテストもかねて、実際にサンプルを使ったところ悪くない感じ。
なら、キャンペーン価格なので利用してみようと購入してみることに・・・

【D社ヘアカラートリートメント使用1回目】

早速使ってみると、ヘアカラートリートメントなので基本的な使い方は変わらない。
シャンプー後、トリートメント代わりにつけて5分おくだけ!
ラボモは3分だけど、D社のは5分と待機時間が2分長い。
手が汚れるので使い捨てのビニール袋を使うのは同じ。
色水が気にならなくなるのはD社の方かも・・・
それに、ドライヤー後の仕上がりもしっかり染まっている感じとここまでは高評価。

ところがその夜、寝ていると何だか左右の生え際がかゆい。
特に右の生え際がかゆくて頭皮をポリポリすると、頭皮が少し凹っとなっていてこすってみるとヘアカラートリートメント剤が数ミリだけ残っていたみたいでこびりついている。
すすぎが足りなかったのかな?

かゆみもそれほどひどいものではなく、翌日にはかゆみはおさまりました。

アッコ

そもそもの原因はすすぎが足りなかったせいかもしれません・・・
っていうか、他社メーカーのに浮気をしたのがいけませんでした。

D社ヘアカラートリートメント使用2回目】

ヘアカラートリートメントは続けて使った方が染まりがいいので、2日後に2回目を。
要領は同じだけど、前回すすぎ残しがあったので今回はしっかりとすすぎました

その夜、やはり生え際と頭皮にかゆみが・・・前回よりもかゆみがきつい。
かゆみがきついのは右。頭皮をさわってみると少しじゅくじゅくと汁が出ている。
かゆいので無意識のうちにひっかいたのかもしれない。でも、血は出ていない。

それでも、数日後には頭皮の汁もかゆみも収まった。

アッコ

せめて2回目でヘアカラートリートメントによる「かぶれ」と気づけばよかったのにと悔やまれます。

D社ヘアカラートリートメント使用3回目】


前回かゆみがあったので、それが完全に収まるのを待った1週間後に3回目を。

要領は前回と同じ。
今度は、トリートメントを塗布して5分経過しない間に頭皮がかゆくなってきた。
少し早めにすすぎをしっかりしたがかゆみはおさまらない。

風呂から出て鏡を見ると生え際が赤くなってぼこっとなっている。
頭皮もかゆく、やはり前回と同じ右側をさわると待てしても汁が出てじゅくじゅくとしている。

かぶれ
※かぶれた生えぎわが赤く腫れています。

翌朝もかゆみはおさまらず、生え際が赤くはれている。

これはもしかして、ヘアカラートリートメントを使ったことによる「かぶれ?」
肌はそれほどデリケートな方じゃないし、アレルギー体質でもない。
だから、まさかと思ったけれど・・・・

ネットで調べてみると、まさにそれ!
ヘアカラーによるかぶれは警戒していましたが、ヘアカラートリートメントでも起こるとはうかつでした・・・
これは下手に市販薬をつかうととんでもないことになる。早く皮膚科に行こう・・・

皮膚科に行くと、予想通りの診断でした。

アッコ

風呂場でヘアカラートリートメントを塗布しているときから、かゆみが起こったのでさすがにこれはまずいと焦りました。

ヘアカラーのかぶれによる病院の治療は

医者

かぶれの原因はヘアカラートリートメント

皮膚科の先生の診断によると、かぶれの原因は市販のヘアカラートリートメントによるものでした。私はD社のヘアカラートリートメントを合計3回使ったのですが、最初は軽くても重ねて使ううちに症状が悪化していくとのこと。ひどい場合には重篤なアレルギーを起こしたり、感知するまでに1年以上かかる場合もあるとのこと。早く気づいて良かったです。

【ヘアカラートリートメントによるかぶれの症状】

●生え際の赤み、腫れ、かゆみ
●頭皮の赤み、かゆみ
●頭皮から汁が出ている

ヘアカラーでかぶれる代表的な成分に「ジアミン」があるけれど、D社のは入っていない。
先生によるとどの成分でかぶれたかはわからないけれど、今回使ったD社のヘアカラートリートメントのどれかの成分が私には合わなかったようです。美容院のには入っていないけれど、市販のには入っている。髪や頭皮にやさしい成分といっても合わない人には刺激になる。

ヘアカラートリートメントによるかぶれの皮膚科での治療

ヘアカラートリートメントによるかぶれの皮膚科での治療は飲み薬と2種類のステロイド剤(生え際用軟膏&頭皮用ローション)をいただきました。

かぶれで処方してもらった薬

●かゆみを抑えるアレルギー用の錠剤を寝る前に1日1錠
●はえぎわに使う、かぶれ・かゆみ・炎症を改善するステロイド軟膏を1日2回
●頭皮全体に使う、かぶれ・かゆみ・炎症を改善するステロイドローションを1日2回

<治療薬による経過>
はえぎわの赤みやかゆみは2,3日、ひどかった頭皮のかゆみも数日でおさまりました。
1週間後、飲み薬がなくなったので皮膚科に行くと経過は順調で、あと1週間もすれば完治するとのこと。

それまでの間、同じ飲み薬を追加で1週間分。ステロイド軟こうは生え際がきれいになったので1.5本使ったところで終了。頭皮も赤みがおさまってきたので、今後はかゆいところだけに塗布するということで追加のローションを1本いただきました。

市販のヘアカラートリートメントにかぶれるともう使えない

驚く

かぶれ自体は約3週間で完治したから安心しました。

ただ、皮膚科の先生からは
いちど市販のを使ってかぶれたので、今後は市販のヘアカラートリートメントは使わないでください市販のヘアカラートリートメントには共通の成分が入っているので、これまで大丈夫であっても、それに反応してしまう場合があります。今度、かぶれたらさらに症状がひどくなります。今後は美容院で染めてください」と言われました。

市販のヘアカラートリートメントでかぶれると、もうおうち染めはできない。

ショック・・・
かぶれる前なら、使い慣れたヘアカラーやヘアカラートリートメントを使うべき。

アッコ

市販のヘアカラーやヘアカラートリートメントでかぶれた場合は、おうち染めをやめて美容院で染めてもらった方がいいです。

かぶれない白髪隠しは

髪に不満な女性

ヘアカラートリートメントにかぶれて以来、おうち染めは行っていません。
美容院の予約まであと2週間ほど。何もしてないから、白髪がかなり目立ってきている。
その間の白髪隠しどうしよう。
アラフィーといえども、会社勤めの身、何とか白髪隠ししたい。

市販のヘアカラーやヘアカラートリートメントは禁止令が出たけれど、白髪隠しなら大丈夫とお許しが出ました。できるだけ頭皮にかからないようにして、白髪隠しを髪に塗って、寝る前にシャンプーで洗い流す。
白髪隠しもパウダータイプ、ブラシタイプ、パフで塗るタイプといろいろありますね。

メーカーは安全なところで、以前ヘアカラートリートメントを使って大丈夫だったアートネーチャーのヘアファンデーションをチェック!
スポンジタイプのパフを気になる白髪の部分にポンポンとはたくだけ。
これなら楽そう!ということで早速注文しました。

注文したのはこちらの商品。

↓アートネーチャー「アートミクロン プラビ」です。↓

アートネイチャー「アートミクロンプラビ」を使ってみた

アッコ

アートネイチャー「アートミクロンプラビ」を白髪隠しに使ってみました。

かぶれるまでは1週間に2回ほど、髪の毛全体にヘアカラートリートメントを使って白髪をカバーしていたのですが、それが使えなくなるとさすがに広範囲に白髪が目立ってきます。
それまでは、生え際など脱色してきたところをカバーすればよかったので、ブラシタイプの白髪隠しで間に合ったのですが、広範囲になるときつい。
白髪をカバーするには時間もかかるし、見逃すところも多くなります。

アートミクロン

アートミクロンプラビはこのように斜めパフになっていて気になるはえぎわや、白髪の部分にポンポンとするだけで広範囲にカバーできます。
色は「ナチュラルブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」の3色あります。
私が購入したのは一番人気の「ダークブラウン」です。

アートミクロン 使用

斜めパフになっているので、生え際とか、白髪が目立つ毛先などピンポイントでも使いやすいです。これがブラシや刷毛タイプだと、はえぎわに線がついてしまったり、頭皮が汚れてしまったりと面倒なのですが、斜めパフだと頭皮や肌についても汚れないので助かります。
中にパウダーが入っていますが、ポンポンとしてもこぼれ落ちることはありません。
「ダークブラウン」ですが、色はグレーっぽい感じです。

斜めパフで塗布した部分の白髪は光を押さえて着色してくれるので、見た目の白髪をかなりカバーしてくれます。また、塗布したすぐはカバーできていない感じがしますが、時間が経つにつれて自然になじんできます。また、カバー力が弱いと思ったら、何度かポンポンと重ねつけすることで色を濃くすることができますよ。
ブラシタイプで白髪隠しするよりはるかに楽です。

私の髪は茶系ですが、使った感じでは、広範囲での白髪隠しは「ブラック」の方がいいかもしれません。ピンポイント的な使い方だと、「ダークブラウン」がいいかなと。

会社でもきよちゃんと試してみたのですが、きよちゃんも「簡単に白髪隠しできる」と気に入って「ダークブラウン」を購入しました。

「アートミクロンプラビ」は白髪隠しだけでなく、パウダーに美肌成分が入っているので地肌ケアもできるとのことです。
シャンプーで簡単に洗い流すことができるため、私のように頭皮にダメージを受けても使えるのが助かります。

斜めパフで時短!簡単に白髪隠しができる♪

↓アートミクロンプラビの詳細情報は下記をクリックください↓

アートミクロン プラビ